ラフェスタ(B30)のおすすめモデル・グレードと装備【中古車購入】

こんにちは。お得が大好きな遊人です。

先日、中古のラフェスタを購入しました。

ラフェスタ(B30)を選ぶ際におすすめグレードや装備について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ラフェスタを購入した経緯はこちら

こんにちは。お得が大好きな遊人です。5年前に節約のため、マイカーを手放しカーシェアリングを利用していました。ビルトインガレージのマイホームを建てて、自宅に駐車場が出来たのでマイカー

 

前期型が安い

当然ですが、発売から年数の経過している前期型の方が安くなっています。

特に発売開始当初(2004年12月~2005年11月)の生産モデルは、10年以上経過しているので格安です。

主なモデルは以下です。

  • 2.0 20S
  • 2.0 20M
  • 2.0 プレイフル
  • 2.0 ライダー
  • 2.0 ハイウェイスター

 

おすすめモデル

私がおすすめするモデルはズバリ「2.0 20M」または「2.0 ライダー」です。

理由は、「2.0 20M」にはパドルシフトが付いており6速マニュアルモードが使えます。

パドルシフト

マニュアルモード

「2.0 20M」は、2005年11月で廃止となっており、パドルシフトはハイウェイスターにしか付いていません。

そして、ハイウェイスターは外観もカッコ良くて欲しくなりますが、このモデルだけは人気なので不人気車ラフェスタの最大利点である中古価格の安さがありません。

「2.0 ライダー」は好みの問題ですが、ラフェスタの欠点であるイマイチな外観がエアロによってカッコ良くなっています。

「2.0 20M」が数が少ないので探すのは大変ですが、「2.0 20M」のエアロ(オプション)付きが一番のおすすめです。

 

注意点

古い中古車を購入したら、カーナビが付いていてもカーナビ自体や地図が古いので、新しいカーナビに交換したいと思っていたら気を付ける事があります。

ラフェスタに付いているカーナビがメーカーオプションナビはできるだけ避けましょう。

メーカーナビ

上記の画像のようにナビ画面の下に操作スイッチが付いているナビです。

操作スイッチの無い2DINのナビであれば社外かディーラーオプションなので大丈夫です。

ディーラーオプションナビ

メーカーオプションナビは交換不可能ではないのですが、交換作業が大変なので店によっては交換作業を断られたり、作業工賃が高額になる事を覚悟して下さい。

 

ポイントまとめ

ラフェスタ(B30)を選ぶ際のポイントをまとめておきます。

  • パドルシフトが欲しければ「2.0 20M」か「ハイウェイスター」
  • カーナビ交換するならメーカーオプションナビは避けよう
  • 外観を気にするならエアロ付きにしましょう

 

私の購入したラフェスタ

私は「2.0 20M」のエアロ(オプション)付きを探して購入しました。

2.0 20M

内装の汚れやボディの程度は実車を見ないとわからないので、中古車屋をまわり内装がキレイでメンテナンスがされていた車を選びました。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*