関東で夏休みに安くて子供大満足のおすすめスポットはここだ!

夏休みの旅行計画はお決まりでしょうか?

小さい子供のいる家族向けに我が家が行って大満足だったスポットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

昨年(2014年8月)に子供を連れて行ったのが、栃木県の壬生町にある「壬生町おもちゃ博物館」です。

おもちゃ博物館

 おもちゃ博物館という名称ですが、おもちゃの展示がメインではなく、館内でたくさんのおもちゃや遊具で遊ぶことができて、中庭には幼児用プールもあります。

それでは、特に夏休みにおすすめする理由をあげたいと思います。

 

室内施設である

最近の夏は、関東で気温40度を超える日も珍しくなく、猛暑日が続くことも良くあります。

我が家も夏に子供を連れて、屋外施設に何度か行った事があるのですが、昼間は子供の熱中症が怖かったり、親も暑さでヘトヘトになってしまいます。

壬生町おもちゃ博物館は、室内で空調が効いているので、子供を思う存分に遊ばせることが出来て、親も楽ちんでした。

 おもちゃ博物館1

おもちゃ博物館2

おもちゃ博物館3

しかも、おもちゃだけでなく、巨大遊具で体を動かせます。

おもちゃ博物館4

おもちゃ博物館5

おもちゃ博物館6

鉄道が好きな男の子なら「鉄道模型の部屋」で夢中になること間違いなしです。

 

幼児用プール(中池)がある

ウチの子は水遊びが大好きですが、オムツが外れていない幼児が利用できるプールがある施設ってけっこう無いんですよね。

水深は測っていませんが、20cm前後だったと思います。

正確にはプールではなく中池らしいです。

オムツが外れていない子供は水遊び用オムツの上に水着着用でOKでした。

 おもちゃ博物館7

おもちゃ博物館8

 

入館料が安い

壬生町の施設なので入館料が大人600円、子供(4歳以上)300円、3歳以下無料と激安です。

しかも、遊園地や動物園等のレジャー施設にありがちな中のアトラクションで別途利用料金がかかることもなく、入館料だけで1日中遊べます。

さらに駐車場も無料でした。

民間のレジャー施設では、入園料+アトラクション利用料(都度)+駐車場代がかかって家族で行くと1万円以上かかったりしますが、ここなら家族4人(両親+子供2人)でも1800円しかかかりません。

 おもちゃ博物館9

 

実際に行った感想

一泊二日の旅行だったのですが、1日目の朝から壬生町おもちゃ博物館へ行き、1日中飽きずに遊んでいました。

さらに2日目は別の場所に行く予定でしたが、子供がまた行きたいと言うので2日連続で行ってしまいました

壬生町おもちゃ博物館の難点をあげるとすると、近くに宿泊施設が少ない事ぐらいです。

しかし、車であれば北関東自動車道の壬生I.Cがすぐ近くなので、ちょっと距離のある温泉宿でもそんなに時間がかからず行けてしまいます。

我が家は、益子温泉の「益子舘 里山リゾートホテル」に宿泊しましたが、壬生町おもちゃ博物館から車で40分程度で着きました。

パパママ応援プランやファミリープランがあり、家族連れが安心して泊まれるホテルでした。

料理も美味しくて、滝のある露天風呂が気持よく疲れが取れました。

 

さらに博物館の隣には

おもちゃ博物館だけでも大満足でしたが、すぐ隣に「とちぎわんぱく公園」があります。

とちぎわんぱく公園

隣というか同じ敷地内にあります。

こちらも一日遊べるぐらい施設が充実してる広い公園です。

博物館と公園で子供が飽きる事がなく、帰りたくても子供が帰りたがらないので注意して下さい!

我が家は昼寝した隙に車に乗せて帰りました(笑)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*