【マイカー購入】私が不人気車のラフェスタを中古で買った理由

こんにちは。お得が大好きな遊人です。

5年前に節約のため、マイカーを手放しカーシェアリングを利用していました。

ビルトインガレージのマイホームを建てて、自宅に駐車場が出来たのでマイカーを購入しました。

 

スポンサーリンク

マイホームを建てるまでは駐車場代等のランニングコストが高いのでカーシェアリングを利用していました。

こんにちは。お得が大好きな遊人です。今年でカーシェアリング歴が4年目に突入しました。我が家は娘が産まれたのをきっかけに家計の見直しをしました。それは娘が産まれたことにより、以下の費

カーシェアリングは、マイカーと比べて利便性は劣りますが、コスパは最高でした。

マイホームを建てて一番ランニングコストが高かった駐車場代がゼロになったので、マイカーを購入しました。

こんにちは。お得が大好きな遊人です。引き渡し後に始まった外構工事が完了しました。今回のWEB内覧会は外構部分です。

 

車種選定

マイカーを選ぶ際に3つの条件がありました。

  • ガレージが狭いので5ナンバーサイズである事
  • 妻の希望で後部がスライドドアで3列シートである事
  • 出来るだけ低予算(総額50万円以下)で程度が良い事

上記の条件で思い浮かぶのは、コンパクトミニバンならシエンタやフリード、ミニバンならセレナ、ヴォクシー、ステップワゴンあたりです。

しかし、シエンタとフリードは人気車種なので中古車もコスパが悪く、3列目はほとんど使わないのでミニバンは少し大きすぎて微妙でした。

 

不人気車を発見

5ナンバー、スライドドア、3列シートで調べると、ある不人気車が見つかりました。

それは日産のラフェスタ(B30系 前期型2004年12月 – 2009年11月)です。

lafesta

 

ラフェスタは、ライバル車のアイシスやプレマシーと比べ人気がなく、知名度も圧倒的に低いです。

その為、中古車市場では同じ新車価格帯のライバル車よりも安く売られています。

 

ラフェスタが不人気な理由(短所)

これは私の個人的な見解ですが、ラフェスタが不人気な理由は以下ではないかと思います。

  • イマイチな外観
  • ライバル車よりも狭く感じる車内
  • 特徴のパノラミックルーフ(大型サンルーフ)がウケなかった

上記はラフェスタの短所ですが、オーナー次第で短所ではなくなります。

イマイチな外観

外観は、イマイチと書きましたが良くも悪くもなく極めて普通なんです。

普通すぎて特徴が無いから人気が無いのです。

しかし、外観は悪くなければ良くすることが可能です。

人間でも「馬子にも衣装」や「女性は化粧で別人!」と言われるように、車もドレスアップで変わるんです!

ノーマルの外観はイマイチのラフェスタですが、エアロパーツやアルミホイールを装着するとカッコ良い車なので、エアロが付いている中古車を選んでアルミを買えば解決です。

 

ライバル車よりも狭く感じる車内

ライバル車と比較すれば狭いかもしれませんが、3人家族の我が家には十分すぎる広さです。

特に狭い3列目は、年に1回ぐらい使う程度で座るのは小さい子供なので問題ありません。

 

パノラミックルーフ

これは長所として売り出したけどウケなかっただけで、無いよりかあったほうが良い装備です。

私自身は魅力を感じない装備でしたが、4歳の娘はすごく気に入ってます。

 

ラフェスタの長所

短所とは逆に良い部分もあります。

  • クラストップの小回りの良さ(最小回転半径5.1m)
  • 周りが乗ってない
  • 助手席がテーブルになる(前期型)

 

小回りが良い

我が家の周りは一方通行が多く狭い道が多いので、小回りの良さは重宝します。

 

周りが乗ってない

人気のミニバンは、ご近所や保育園の子育て世帯が必ず乗っています。

それに比べ、不人気のラフェスタはご近所や知人と被ることが滅多にありません。

このちょっとマイナーな感じが、私には魅力的なのです。

 

助手席がテーブルになる

購入前はどうでもよい機能でしたが、使ってみると意外と便利な機能でした。

後期型では機能がなくなってしまったので、前期型だけの長所です。

 

ラフェスタを購入

色々と悩んだ結果、車種選定の条件にマッチし、コスパも抜群なラフェスタを購入しました。

購入したラフェスタは、

  • 平成17年式
  • 車両本体価格10万円
  • 走行距離7万3千キロ
  • 総額37万円(車検2年)

でした。

 

次回は、B30系の中古ラフェスタ購入で、おすすめグレードや装備について書きたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*