子供の写真はGoogleフォトとフォトブックでデジタルとアナログで残そう

こんにちは。お得が大好きな遊人です。

子供が産まれると写真を撮る機会が増えます。

夫婦の携帯、デジカメ、ビデオカメラ等、様々な端末で写真を撮り、子供の成長とともにデータが増えるのでデータの管理が大変です。

子供の写真をちゃんと残す為に私がやっているGoogleフォトとフォトブックを利用した画像管理を紹介します。

スポンサーリンク

 

画像データの一元管理

様々な端末で撮ったデータを一元管理するのにGoogleフォトを利用しています。

Googleフォトを利用するまでは、パソコンのHDDに保存していましたが、以下の懸念がありました。

・どんどん増え続ける画像容量

・PCやHDDの故障

Googleフォトでは「高品質」モードなら無料で容量無制限で保存できるので、上記の懸念がありません。

さらにHDDにはない以下のメリットがあります。

・ネット環境があれば祖母の家でも見る事が出来る

・共有機能で写真を送れる

・スマートフォンから自動でアップロードできる

また、画像が日付順に並んで表示されるんで、子供が成長していく様子を楽しむことが出来ます。

 

年1回アルバムを作成

子供の年齢別に毎年フォトブックを作成しています。

最近4歳になったので3歳の写真でフォトブックを作りました。

フォトブックは3冊作ってそれぞれの祖父母に1冊ずつプレゼントしています。

Googleフォトでも年齢別にアルバムを作っているので、デジタルでアルバムは見る事が出来ます。

しかし、フォトブックにはアナログの良さがあるのでデジタルで残しつつ、フォトブックも作っています。

始めたきっかけ

私はフィルムを使ったアナログカメラからデジカメに移行した時代を過ごしてきました。

自分の過去の写真を探した時にフィルムの時代の写真は、現像した時にもらえるアルバムに入って残っています。

しかし、デジカメの初期時代の写真は印刷していなかったのでアナログの写真はありません。

さらに画像データもちゃんと管理していなかったので、パソコンの買い替え時にちゃんと移行できておらず残っていません。

デジカメ初期時代の写真が残っていない後悔から、子供の写真はちゃんと残そうと思い、デジタルとアナログで残すことにしました。

ちなみに妻に見せられないフィルムの時代の写真は実家の引出しにしまってあります(笑)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*