4年半ノーメンテでボロボロだったルンバをメンテナンスに出した結果

こんにちは。お得が大好きな遊人です。

調子が悪くて、まともに掃除が出来なくなってしまったルンバをメンテナンスに出しました。

結果、新品の頃のような清掃能力になって帰ってきました。

スポンサーリンク

メンテ前の状態

ルンバを購入してから4年半の間、1度だけ分解清掃して絡まったゴミや髪の毛を取り除きましたが、バッテリーやブラシ交換は1度もしていませんでした。

メンテに出す直前は以下のような症状でした。

前進時にガタガタと音がしてスムーズに動かない

スタート後数分でエラーで止まってしまう事が多い

稼働しても、あまりゴミを吸い取らない

上記の症状により掃除にならないので買い替えも検討しました。

 

買い替えを検討

買った当時のルンバは5万円以上と高額でした。

今では日本のメーカー各社もロボット掃除機を発売しているので安くて良い製品があるのではないかと思い調べてみました。

しかし、主要メーカーで一番安い製品でも3万5千円ぐらいの値段はしたので悩みました。

 

メンテナンスを検討

新しいロボット掃除機を調べているとルンバのメンテナンスについて書いてあるサイトをいくつか見つけました。

メンテナンスについて調べてみると、以下の3パターンが候補に挙がりました。

1.オフィシャルメンテナンス

2.非公式ショップでメンテナンス

3.パーツを取り寄せて自分でメンテナンス

コスト的には3→2→1の順ですが、安心感は1→2→3の順のように逆になります。

我が家のルンバは4年半も働いてボロボロだったので、オフィシャルメンテナンスに出すことにしました。

 

オフィシャルメンテナンス

オフィシャルメンテナンスに決めた要因の1つがソフトウェアアップデートでした。

我が家のルンバは古いのでソフトウェアアップデートをすることで性能アップするかもという期待がありました。

また、18,000円のサービスパックは、「点検・清掃に加え、不具合箇所の修理とすべての消耗品交換をトータルに行います。」と書いてあります。

消耗品のフィルター、ブラシ、バッテリーをすべて交換してもらえるので、サービスパックに出すことにしました。

 

メンテナンス申込み

ルンバ公式サイトから申込みをすると、ログイン→申込フォームと遷移して申込みします。

申込フォームに希望引取り日時を入力し、引き取りに来た運送業者に梱包したルンバを渡します。

 

梱包作業

ルンバを梱包する際にバッテリーをビニールテープやセロハンテープで絶縁します。

ここまでは問題なかったのですが、絶縁後に問題が発生しました。

ちょうど良い大きさのダンボールが無い!

ルンバの大きさが絶妙に中途半端な為、なかなか良い大きさのダンボールがありませんでした。

持ち帰り用のダンボールが置いてあるスーパーを3軒まわって、やっとちょうど良い大きさのダンボールを見つけました。

なんとか引き取りまでにダンボールに梱包して運送業者に梱包したルンバを渡しました。

 

返却

1~2週間してルンバが宅急便で帰ってきました。

ブラシやフィルター等の消耗品だけでなくタイヤ等も新品に交換されピカピカになってました。

ルンバ

ルンバ

さっそく充電して稼働させてみると今までのガタガタも無くなり新品時の清掃能力に戻っていました。

 

今後はマメに自分でメンテナンスします

オフィシャルメンテナンスは安心で楽なのですが、コストも高いです。

メンテナンスコストを考えると自分でマメに清掃や消耗品交換をするのがコスパは良いと思います。

すでに4年半も稼働しているので、あと3~4年したら買い替えを考えようと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*