地盤改良工事見積もりに大ショック!その予算どうする?【県民共済住宅ブログ】

こんにちは。お得が大好きな遊人です。

注文住宅の新築で建物以外にかかる費用で不確定なのが地盤改良工事です。

埼玉県では新築時の地盤改良はほぼ必要で、不要ならラッキーと聞いていました。

なので、概算見積り時にたっぷり予算を見込んでいましたが、地盤調査結果後の地盤改良工事見積もりにショックを受けました。

スポンサーリンク

 

概算

地盤改良工事は、地盤調査をしてみないと見積もりが出ないので厄介です。

なので、概算見積り時に設計士さんに「かなり多めの金額を見積もっておいて下さい」とお伝えし120万円の予算を盛り込んでました。

先輩県民ブロガーさんの記事を見ると160万円かかったという方もいますが、大体100万円程度が多いようでした。

我が家の土地は他の県民施主さん達と比べると非常に狭い土地なので、120万円あれば十分だと思ってました。

 

調査結果

試験方法は、スウェーデン式サウンディング試験というものです。

プラン打ち合わせ時に設計士さんから地盤調査結果を聞きました。

結果は、「残念ながら地盤改良が必要です」との事。

そして、検査の詳細を説明してくれました。

詳細を要約すると「地盤ユルユルなんで、いっぱい杭を打たないとダメですね!」みたいな事を言ってました・・・。

 

まさかの金額

私はけっこう慎重な性格なので、これぐらいの事態は想定内です。

なので概算見積り時に多めの予算(122万円)を盛り込んでいます。

ちょっとビビりましたが、まだ心には余裕がありました。

しかし、設計士さんから提示された地盤改良工事見積もりは、145万円でした!

 

オーバーしてるし!

そして、設計士さんから、「もうちょっと弱かったら200万円以上かかったので、145万円で済んで良かったですね」という慰めを受けました。

見積もりを見ると杭の長さは8mで40本も打つそうです。

25万円の予算オーバーにショックを受けつつ、続いて解体工事の見積もりを提示されるのでした。

つづく。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 




この「いいね!」ボタンを押せばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わず押せよ、押せばわかるさ。アリガトー!



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*